日本ヘルスケアサプリメント協会について

 

名 称

一般社団法人 日本ヘルスケアサプリメント協会

Japan Health Care Supplement Association)

設 立 2019年6月19日
拠出金 4,000,000円 
所在地 〒163-0675 東京都新宿区西新宿1‐25‐1 新宿センタービル42F
TEL 03-6721-9635(受付時間 9時~18時 土日祝を除く)
FAX 03-5368-3052

協会 理事・監事のご紹介


代表理事 松代 光

東証一部上場企業の役員・顧問を経て、創業46年の歴史あるサプリメント製造・販売会社の代表取締役に就任。

理事  松宮 浩典 弁護士法人One Asiaのパートナー弁護士として、上場企業をはじめ数多くの企業法務顧問として活躍。

理事

鈴木 真理美 女子栄養大学を卒業後、管理栄養士を取得。サプリメント販売会社に勤務し、管理栄養士の資格を活かして全国で健康セミナー活動や広報活動に従事。定年後、協会理事に就任。
監事 稲葉 智和 監査法人より独立し、稲葉総合会計事務所を設立。公認会計士・税理士・不動産鑑定士・早稲田大学商学部講師。

協会の組織図


協会の設立趣旨


世界一の超高齢社会となった日本は、健康寿命の増進・医療費の増大など、健康に関する社会問題を数多く抱えています。

 

その中で、不規則な食生活・運動不足・ストレスなども問題視され、健康意識が高まると同時に、手軽に栄養素を補えるサプリメントに注目が集まり市場が成長を続けています。

 

一方、社会状況も急速に変化し、年々増すサプリメントへの社会的関心の高まりと共に、色々な情報がインターネット上に氾濫、有益な情報に交じり誤った情報も発信されています。同時に様々な売り場で同じような商品が販売され、消費者は商品選びの判断基準を持てずに購入しているのが現状です。

 

こうした消費者のために、栄養学やサプリメントの正しい知識を広く周知していく必要があると考えます。

 

このような背景から、健康を維持するための栄養やサプリメントに関する情報を標準化・体系化を行い、認定制度を設立。認定講師を通じて全国に普及することで日本国民の健康維持に寄与すべく、下記の課題に取り組みます。

1. 知識・サービスの標準化・体系化


社会全体の健康・栄養の知識を標準化・体系化することに努めます。そのために設けた認定制度に準じ栄養・コンプライアンス教育を行うことで、氾濫する不確かな情報から消費者を守ります。

2. 全国に認定講師を育成


 認定講座の講師を育成し、認定講師を通じて正しい栄養教育とサプリメントの知識を日本全国に普及します。

3. ライフステージにあわせた知識の啓蒙


 働き盛り、妊婦、乳幼児、高齢者、アスリートなど、ライフスタイルやライフステージに合わせ、最良のパフォーマンスを引き出すための栄養・サプリメントの知識を啓蒙します。

当協会は、これらの要素をすべて取り入れ、日本国民の需要に合った教育を提供し、正しい栄養・サプリメントの知識を普及、業界全体のクオリティの向上を目的としています。


●お問い合わせはこちら

認定資格・試験に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。


■お電話でのお問い合わせ

03-6721-9635
受付:9時~18時(土・日・祝日を除く)


■メールでのお問い合わせ

>>こちらのフォームからお問い合わせいただけます