がん

日本人の2人に1人が、かかると言わているガン。 日本ではガンにかかる人が増加する一方で、アメリカではガンにかかる人が年々低下しています。 アメリカでガンにかかる人が減少したのは、 禁煙運動や食生活改善運動が功を奏したから。

がん(悪性新生物)が日本人の死因の第1位になったのは1981年。 以来、がんで亡くなる人は増え続けていますが、治療に関する研究が進み、一方では予防のための研究も盛んに行われています。 今月は、がん予防の生活術について考えてみます。

がん(悪性新生物)が日本人の死因の第1位になったのは1981年。 以来、がんで亡くなる人は増え続けていますが、治療に関する研究が進み、一方では予防のための研究も盛んに行われています。 今月は、がん予防の生活術について考えてみます。