さよならメタボ 内臓脂肪大研究

さよならメタボ 内臓脂肪大研究

お腹の臓器の周りにへばりついた「内臓脂肪」。溜まりすぎると、命にかかわるような大変なことをし始めます。

内臓脂肪がからだに及ぼす悪影響と、内臓脂肪を減らす方法を紹介します。

 

どこが違う? 内臓脂肪と皮下脂肪


同じ脂肪でも、つく場所が違ううえ、からだに与える影響も異なります。

 

<脂肪の溜まりすぎは、さまざまな病気を引き起こす>

 

からだにつく脂肪は、大きく分けて「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類。

どちらも溜まりすぎると、さまざまな病気を引き起こします。

 

皮下脂肪 : ヒフの下につく脂肪(ピンクの部分)

 ●女性で溜まりやすい

 ●からだへの影響は、内臓脂肪より小さい

 

内臓脂肪 : お腹の臓器の周りにつく脂肪(黄色の部分)

 ●男性で溜まりやすい

 ●からだに影響を与えやすい

 

溜まりすぎると

 

月経異常(無月経など)

 

睡眠時無呼吸症候群

変形性関節症

 

脂質異常症

糖尿病

高血圧

動脈硬化の進行

心筋梗塞

脳卒中

 

ガン

痛風

 

同じ脂肪でも、つく場所が違ううえ、

からだに与える影響も異なります。

 

<脂肪の溜まりすぎは、さまざまな病気を引き起こす>

 

からだにつく脂肪は、大きく分けて「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類。

どちらも溜まりすぎると、さまざまな病気を引き起こします。

 

皮下脂肪 : ヒフの下につく脂肪(ピンクの部分)

 ●女性で溜まりやすい

 ●からだへの影響は、内臓脂肪より小さい

 

内臓脂肪 : お腹の臓器の周りにつく脂肪(黄色の部分)

 ●男性で溜まりやすい

 ●からだに影響を与えやすい

 

溜まりすぎると

 

月経異常(無月経など)

 

睡眠時無呼吸症候群

変形性関節症

 

脂質異常症

糖尿病

高血圧

動脈硬化の進行

心筋梗塞

脳卒中

 

ガン

痛風

 

溜まりすぎた内臓脂肪は、脂質、血圧、血糖の異常を招く


内臓脂肪からは、善玉ホルモンと悪玉ホルモン2つのタイプの生理活性物質が分泌されています。

 内臓脂肪が溜まりすぎると、からだに悪影響を与える悪玉ホルモンが増え、逆に善玉ホルモン(アディポネクチン)の分泌は減ったり、はたらきが鈍くなったりします。その結果、血中脂質や血糖値、血圧などに異常をきたします。

 

◆血中脂質に異常が起こる仕組み

  内臓脂肪から大量の中性脂肪が血中に放出

        ↓

  血液中の中性脂肪 増 HDLコレステロール 減

 

◆血糖値が高くなる仕組み

  内臓脂肪が増えると、

  インスリンのはたらきを抑える悪玉ホルモン 増

  インスリンのはたらきを高める善玉ホルモン 減

        ↓

  血糖値 高 → 糖尿病

 

◆血圧が高くなる仕組み

  内臓脂肪でつくられている

  血圧を上げる悪玉ホルモン 増 → 血圧上昇

内臓脂肪は、「痛風」や「ガン」発生の危険性を高める


最近の研究で、溜まりすぎた内臓脂肪が「痛風」を引き起こしたり、いくつかの種類の

「ガン」の危険性を高めることが分かっています。

 痛風やガンを招く理由は、次の通りです。

 

<たまりすぎた内臓脂肪>

 

●肝臓の中性脂肪 増加

脂肪肝

脂肪性肝炎

脂肪性肝硬変

肝臓ガン

 

●女性ホルモン(エストロゲン) 増加

乳ガン

子宮体ガン

 

・エストロゲンは脂肪細胞でもつくられる。

・閉経後に内臓脂肪や皮下脂肪が増えると、

 危険性が高まる

 

●善玉ホルモン 減少

ガン細胞 増殖

 

・善玉ホルモンは、細胞の過剰な増殖をおさえる。

・大腸ガン患者では善玉ホルモンの量が少ないことが分かっている。

 

●肝臓 尿酸の生産 増加

●腎臓 尿酸の排泄 低下

尿酸が蓄積

痛風発作

内臓脂肪撃退術 - 無理なく、ゆっくり、食事と運動で

●食べて減らす

コツは次の2つ。

 ①代謝を上げる栄養成分

 ②内臓脂肪を減らす効果のある栄養成分

を摂るよう心がけましょう。

 

◆代謝を上げる栄養成分

・良質タンパク質

 代謝の中心となってはたらく筋肉の材料となる。

・クエン酸

 体内でのエネルギーづくりを促す。

・ビタミンB群

 糖質や脂質をエネルギー化するときに欠かせない。

 

◆内臓脂肪を減らす栄養成分

・ベータコングリシニン

 大豆タンパクに含まれる。内臓脂肪の蓄積をおさえる。

・パロアッスル

 有効成分は、内臓脂肪を減らすのに役立つ。

・オリーブ葉エキス

 有効成分が、内臓脂肪の蓄積をおさえる。

 

●歩いて減らす

普段のウォーキングにちょっとした工夫を加えるだけで、

内臓脂肪に効きます。

1歩の歩幅を1.5倍に

 

●腹囲をチェック

・肩やお腹の力を抜く

・裸の状態で測る

・メジャーは水平に

・息をゆっくり吐いて止める

・おへその高さで測る

 

体重が1kg増えると腹囲が1cm大きくなると言われ、

腹囲が内臓脂肪の量を示す1つの指標になっています。


●お問い合わせはこちら

認定資格・講座・試験に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。


■お電話でのお問い合わせ

03-6721-9635
受付:9時~18時(土・日・祝日を除く)


■メールでのお問い合わせ

>>こちらのフォームからお問い合わせいただけます