アントシアニン


アントシアニンは、ポリフェノールの一種で紫色の色素です。

 ビルベリーやブルーベリーなどのベリー類に多く含まれています。

 

ものが見えるしくみ


光は網膜で電気信号に変換されて脳に送られます。

この光を電気信号に変えるのは、ビタミンAとオプシンというたんぱく質からつくられるロドプシンの役目です。

ロドプシンは光を受けて分解されるとき、電気信号を発信し視神経を通して脳におくります。

ロドプシンのはたらき

アントシアニンのはたらき


・ロドプシンの再生を促し、暗い場所での視力を改善

・眼精疲労を和らげる

・網膜の毛細血管を守る

アントシアニンの効果


分解されたロドプシンは、ふたたび組み立てられて再利用されます。アントシアニンはこのロドプシンの再生を促すと考えられています。

そのため、アントシアニンのはたらきで、ものが見えにくくなる夕刻以降の視力をサポートします。

パソコンやテレビなどを長時間見ていると、ロドプシンが激しく消耗し、ものが見えづらくなることがあります。このような状態を改善するはたらきもアントシアニンにはあります。

さらに、アントシアニンは加齢により脆くなりがちな毛細血管を丈夫にするはたらきもあります。

そのため、網膜の毛細血管を含め、目の周辺の血行を改善して、眼精疲労の予防に役立ちます。

アントシアニンが含まれる食品


  • ビルベリー
  • ブルーベリー
  • カシス
  • 黒豆
ブルーベリー