共役リノール酸


共役リノール酸とは、不飽和脂肪酸のひとつで、体の各組織に栄養を与え元気にする働きがあります。脂肪を分解してエネルギーへ変える酵素に働きかけたり、栄養を筋肉細胞に送り代謝を活発に促します。


共役リノール酸の効果

①肥満を予防する効果

共役リノール酸は、溜まった脂肪をエネルギーへと変えるホルモン感受性リパーゼという酵素に働きかけ、エネルギーをつくり出します。そのため脂肪を分解、消費します。この酵素は本来運動をすると活発になるものです。つまり共役リノール酸は、運動をすることと同じような脂肪燃焼効果を持っています。

 

②筋肉を増強する効果

ホルモン感受性リパーゼの体脂肪を燃焼させる働きは、同時に筋肉を増加・増強させる効果もあります。体脂肪を効率良くエネルギーに変える働きを持つため、運動をする前に摂取する方が効果的だといわれています。

 

③動脈硬化を予防する効果

共役リノール酸は高い抗酸化作用を持つため、血中の酸化LDLの蓄積を防ぎ、動脈硬化を予防する効果が見込まれます。

 

④冷えを改善する効果

共役リノール酸が持つ高い抗酸化作用により血中の酸化LDLの蓄積を防ぎ、血液の流れを改善するため、血流促進効果が期待できます。さらには筋肉が増強されることにより、体内の温度が上昇し、冷え性や低体温を改善する効果があります。


共役リノール酸が含まれる食品

  • 牛肉
  • 鶏肉
  • 羊肉
  • ベーコン
  • 牛乳
  • 乳製品
  • ゴーヤ
  • オリーブオイル
  • 菜種油
  • 大豆油
  • 紅花油






こんな方におススメ

  • 肥満を防ぎたい方
  • 筋肉を強化したい方
  • スポーツをする方
  • 動脈硬化を予防したい方
  • 冷え性の方
  • アレルギー症状を緩和したい方